• ホーム
  • NHKで見る低体温と高血圧の合併リスクと降圧治療

NHKで見る低体温と高血圧の合併リスクと降圧治療

血圧と体温は共に交感神経の影響を受けて制御されているということに共通点があります。
血圧を上げる働きと体温を上げる働きは同時に行われ、それらを下げる働きは同時に行われるというのが基本的な動きになっています。
しかし、血圧も体温も交感神経だけによって制御されているわけではないため、これらが完全に相関するというわけではありません。
その高低の組み合わせによっては大きな健康リスクを負うことになるということは留意しておくことが大切です。

特にリスクが高いのは高血圧で低体温というパターンです。
日本においては高血圧患者が多いことが問題になっていますが、もし体質上、低体温であるという場合にはより積極的な降圧治療を行っていくことが大切であると肝に命じる必要があるでしょう。
低体温になることによって血液の流動性が低下してしまうことにより、血栓症が発生するリスクが高まるということは想像しやすいことでしょう。
また、低体温になっている原因が血行不良によるものである場合もあり、その場合には血管の狭窄や閉塞が起こっている可能性もあり、一般的な降圧治療を行っても効果が得られないことがあります。
原因を除去しなければ降圧が行えないからです。

一方、NHK番組でもしばしば低体温症の話題が取り上げられることがあります。
NHK番組の中にはそういった問題に対しての対処法について話題にすることも多く、それを参考にして低体温症の改善を目指すことも大切です。
そうすることによって高血圧かつ低体温というリスクを避けられるだけでなく、低体温であることによって低下している生活の質を向上させることができるでしょう。
NHK番組はそういった情報源として役立ちます。

関連記事
人気記事一覧